口コミ比較FX情報サイト


 

為替レートは商品として変動する

louoi FXと取引業者

FXは、通貨の売買を行って利益を求めていく投資取引で、こうした投資取引の初心者にも人気のある金融商品になります。
FXで実際の取り引きを行うためには、FX取引業者を選び取り引きを行う口座を作る必要があります。
FXを取り扱う業者は、国内、海外を問わずにたくさんあり、実はそのサービスなどの様々な面で違いがあります。

FXの取引業者は、そのほとんどがウェブ上でホームページを展開していますので、そういったところを見て回るのも一手になりますし、また、取引業者のランキングのサイトや、評価をしたブログなどもありますので見てみるのもよいでしょう。

こうして業者を見ていくといろいろな特徴があることが分かると思います。どの業者がいいのかは、その人の投資スタイルや生活のサイクルなども関係してくると思いますので、まずは自分はどんな投資をしていきたいのか、考えてみる必要があります。
比較的に時間があり、じっくりと長い間FXをすることが出来るのであれば、一日の間に細かく何度も売買を繰り返していくデイトレードやスキャルピングトレードというようなスタイルが合うでしょうし、仕事が忙しくてなかなか投資に時間を割けないが、じっくりとゆっくり利益を積み上げていきたいという形であれば、一回の取り引きを数日から数週間という長いスパンで行っていく、スイングトレードなどと呼ばれるスタイルが合うでしょう。

こうした投資に対するイメージが出来上がると、それに対応したFX取引業者を選ぶこともできます。例えば、一日に何回も取り引きを行うのであれば、一回の取引回数のためにかかる手数料が低いほうがコスト化軍と抑えることが出来ますので、取引手数料が低い御者を選ぶべきです。
また、長い期間の投資を行うのであれば、通貨の金利差であるスワップポイントと言うものが大きい取引業者を選べば、それだけで一日ごとにそのスワップポイントを利益として受け取ることが出来るのです。

また、このほかにも入出金の利便さや、サポートサービスの充実、投資取引をするにあたっての経済ニュースやアドバイスの有無、初心者のためのセミナーが行われていくかなどもチェックする項目ですし、資金を預けて取引を行うために、預けた資金をどのように扱っているのかという、資金管理や信託保全などがしっかりと行われているのかどうか、また経営状態が安定しているのかどうか、というところも参考にすべきでしょう。

こうして、一つ一つを確認して調べたとしても、実際に取り引きを行っていくと、いろいろな差異が出てくると思います。そういう時は、思い切って取引業者を変えるという事も視野に入れておいていいでしょう。
幸いにも、多くの取引業者が口座の開設手数料を無料にしています。大切な資金を預けて投資取引をしていく、いわばパートナーとも呼べる存在になりえる業者を見つけるまでは、一切の妥協をする必要はないのです。


デイトレ最適の時間帯

デイトレに適した時間帯ですが、前FXのデイトレでちまちまと日銭を稼いでいたときは、日本時間の9~16時、この辺の時間でやってました。

この時間帯は、比較的値動きがおとなしい時間帯で、スキャで数pips抜くのにやりやすい時間帯だと思います。ある程度レバレッジをかけて、ドル円あたりに狙いを絞って、スキャ専門で一ヶ月で10万円くらい稼いだこともあります。

欧州勢が参入してくると、値動きががらっと変わって激しくなるケースが多いので、そこでやめることが多かったです。

rwerwerwe