口コミ比較FX情報サイト


 

為替レートは商品として変動する

louoi FX初心者の方がFXやバイナリーの24オプションで利益を得るには、それぞれに沿った勉強をすべきだと思います。ではまず何を学べば良いのでしょうか。

FXは、経済指標と世界の情勢から成り立っています。そのため、この2つを勉強することは、チャートを予測するうえで必ず役に立つといえるでしょう。しかし、知識がないからといって利益を得るチャンスを逃してしまうという意味でもありません。確かに経済指標や世界情勢でチャートは変動しますが、それらを元にしたチャートの動きはパターン化されています。そのため、何度も似たような動きを見ることになるでしょう。

重要な経済指標の時間をチェックしておき、チャートの動きだけで利益を得ている人も多くいます。そのため、必ずしも世界情勢など経済全体に精通する必要はないです。やはり、初心者がまず覚えたい知識としては「通貨=商品」という概念だと考えます。為替レートが高くなったり安くなったりする仕組みは、商品の価格変動と同じといえるからです。

商品と同じとはどういう意味かと言うと、各国の通貨も需要と共有の関係で売り買いされている、という意味です。ある国の経済状況が良く、その通貨に人気があれば需要は高まり、通貨の価格が上がります。供給量が増えると通貨安にもなります。例えば、スタバのコーヒーが値上げになったとします。値上げできる理由は、世間一般に人気があり、売上が伸びているから「値上げしても影響はない」という、経営戦略です。その背景には「原材料であるコーヒー豆の価格が上がった、資材費が高騰した」などの要因もあるかもしれません。

一方で、マクドナルドの100円コーヒーのように、集客のために「価格は100円」という場合もあります。同じコーヒーでも、需要や供給の量などで価格は変わり、そのコーヒーの豆の品質などから価格も様々です。通貨もコーヒーのように需要と供給があり、その国の経済状況やいくつもの複合要因により、何度も価格が変動します。

人が「欲しい」と思うから為替の変動が起きるということになります。それは投資家の影響を、非常に強く受けているということも要因の一つです。

通貨の実需とは「資本投資」と「貿易決済」となります。資本投資とは、例えば日本が好景気になると、海外から株式や不動産への投資が増えます。

その時、米ドルを日本円に替え、株式や不動産を購入します。すると橋渡し役である日本円の人気が高くなり、円高になりやすくなります。資金が流入した国の通貨は上昇傾向となり、流出した国の通貨が下がる仕組みです。このように各国の景気は、毎月発表される「GDP」や「景況指数」で数値がわかりますので、判断材料のひとつになるかもしれません。

もう1つの「貿易決済」でも同じことが言えます。輸出をすると相手の国から受け取った外貨を自国の通貨に両替することになります。輸出する量が増えると、その国の通貨価値が上がり、それとは逆に輸入量が増えるとその国の通貨価値が下がることになります。これも毎月の「貿易収支」で発表されますので、参考にしたいところです。


デイトレ最適の時間帯

デイトレに適した時間帯ですが、前FXのデイトレでちまちまと日銭を稼いでいたときは、日本時間の9~16時、この辺の時間でやってました。

この時間帯は、比較的値動きがおとなしい時間帯で、スキャで数pips抜くのにやりやすい時間帯だと思います。ある程度レバレッジをかけて、ドル円あたりに狙いを絞って、スキャ専門で一ヶ月で10万円くらい稼いだこともあります。

欧州勢が参入してくると、値動きががらっと変わって激しくなるケースが多いので、そこでやめることが多かったです。

rwerwerwe